疲れに負けない、効果的な疲労回復方法を探そう

疲労回復するためには

実際の疲労 回復方法

一口に「疲労 回復」といっても、その方法は様々あります。たとえばそれは、食事であったり、睡眠であったり、ストレッチや入浴法など、数多くの疲労回復方法がありますが、人によってその効果は様々であり、また、疲労の種類によっても、効果に違いが出てきます。

疲労には、筋肉などの末梢、すなわち脳以外の身体に由来する末梢性疲労(身体的疲労)と、脳が主体となって疲労を感じる中枢性疲労(精神的疲労)があります。

また、病的かどうかによって分類される生理的疲労と病的疲労があり、生理的疲労とは、活動量が休養のレベルを上回る場合に現れるもので、基礎疾患がなく、自然の状態での回復が可能な範囲の疲労を言います。

一方、病的疲労とは、うつ病、睡眠障害などの精神疾患や、癌などの身体疾患、また、慢性疲労症候群などの持続的な疲労を特徴とする疾患による疲労のことを言い、発熱やリンパ節の腫れなど、他覚症状を伴うこともあります。

疲労は、生命と健康を維持する上での重要な信号のひとつであり、痛み、発熱と並んで、生体の3大アラームと言われています。現代人の多くが日常的に疲労を感じていると言われ、疲労が溜まると、労働力の低下など、経済的問題も引き起こすほか、生理的疲労と中枢性疲労(精神的疲労)が慢性化し、慢性疲労症候群などの病的疲労を引き起こす要因にもなります。このような病気にならないためにも、日頃から、なるべく疲労を溜めないなどといった早めの対策が必要になってきます。

日常的に運動を行うことで体力を強化し、代謝効率を上げて疲労を軽減することや、疲労物質の蓄積を遅くするなど、日頃から行える予防法もありますが、残念ながら疲労を完全に予防することはできません。このサイトでは、様々な疲労回復方法を紹介するほか、疲労の種類などについても簡単に説明していきます。疲労のメカニズムを知り、それぞれに合った疲労回復方法を知ることで、健康的な毎日を過ごしましょう。

疲労の種類
末梢性疲労
中枢性疲労
生理的疲労
病的疲労
疲労のメカニズム
他覚的疲労
自覚的疲労
エネルギー不足
酸化ストレス
脳の失調
予防法
慢性疲労症候群
症状
診断基準
治療法
精神的疲労の回復方法
快感
癒し
深呼吸
入浴
睡眠
アロマセラピー
笑い
肉体的疲労の回復方法
食事
運動
入浴
睡眠
疲労回復に良い食べ物
うなぎ
鶏の胸肉
生姜
炭酸水
はちみつ
その他

Copyright (C)疲労回復方法を探そう! 疲れに負けない! All Rights Reserved